ちーず・cheese・チーズ! | チーズって・・・イロイロある!

ナチュラルチーズとプロセスチーズ

私が幼少期には、チーズと言えばプロセスチーズだった気がします。
今ではチーズは沢山の種類があって、スーパーなどにも一角占領している程。

ワンポイント

チーズは大きく分けて、ナチュラルチーズとプロセスチーズとに分類されます。
ナチュラルチーズはその名の通り、ナチュラルなチーズ。
フレッシュなミルクからそのまま(ナチュラルに)作ったチーズ。
一方、プロセスチーズはナチュラルチーズをさらに加工するという過程(プロセス)を経たチーズ。
プロセスチーズは保存性に優れていますが、加工されていてチーズ本来の味の深みが失われてしまっていることも。
ナチュラルチーズはチーズ本来のおいしさの楽しめるチーズですが、保存期間はあまり長くありません。
ナチュラルチーズは牛乳のように、フレッシュなうちに美味しく楽しむ!が大切なようですね。

チーズの種類を知る

次はチーズの大まかな分類を。
これを知っておけば、チーズがぐっと選びやすくなります。

ワンポイント

チーズ・ワンポイント  フレッシュ

ヨーグルトの良く似た風貌のチーズ。
牛乳を固めて水分を取り除いたものがフレッシュチーズ。ヨーグルトから水分を取り除いたものです。
あっさりとしていて程良い酸味があり、口当たりがソフト。なんと、お家でも簡単に作って楽しめるチーズでもあります。
食べたかもヨーグルトに似ていて、ハチミツや果物との相性が抜群。デザートとして召し上がれ。
材料のミルクも牛乳からヤギなど、さまざま。

チーズ・ワンポイント  白カビ

日本でチーズを有名にさせた代名詞とも言えます。
表面が白カビで覆われています。
カビ!と聞くとちょっとびっくりしてしまいますが、カビに包まれた表面もおいしくいただくことができます。 多くのものがクリーミーでくせがなく、チーズ初心者にも食べやすいものが多いです。
ただし、中にはなかなか強烈な香りと味を持っているものも。 カマンベールなどが代表。私もカマンベール大好き。
最初はくせのあるものが苦手でしたが、だんだんとくせが強いものが食べたくなってきて・・・
そのくせがやみつきに!!

チーズ・ワンポイント  青カビ

こちらは青カビ。白いチーズの中に青いカビが入っているのが見えます。
カビだからって取り除かないで!!
味は刺激が強くシャープ。塩分もやや高めです。味も濃いものが多く、苦手意識のある人も多いかもしれません。
青カビチーズが苦手だな・・・と思う人は、まずはカビが少なめなものを選んでみて。味もややマイルドです。
うちの旦那様は、最初はその見た目にどん引きしていました・・・ 「だって・・・カビ、じゃない・・・」ってのが彼のコメント。
まぁ、ね。
最初は目を閉じて食べておりました(笑)
今はものすごく好きで食べております。

チーズ・ワンポイント  ウォッシュ

熟成させる時、塩で何度も表面を洗って作ります。
そのため、名前もウォッシュ(洗う)。
個性的で味の幅が広く、チーズに興味が湧いた中級者や、お酒好きにぴったりなのがこのタイプ。 独特のにおいがあり、クセが強そうですが、中身はいがいと穏やかでクリーミー。
香りの強い外側ははずして食べます。
香りが苦手だな・・・と思っても、まずは中身から楽しんでみて。ワインとの相性は抜群。

チーズ・ワンポイント  非加熱圧縮タイプ

製造中加熱せず、圧縮してつくるチーズです。セミハードチーズ、とも呼ばれます。
加熱処理をしていませんが日持ちがして、ピザなどにも使われます。
圧縮してあるので固く熟成がゆっくりと進むため、味もマイルド。

チーズ・ワンポイント  加熱圧搾タイプ

加熱し、さらにプレスをかけてつくるチーズ。ハードタイプと呼ばれることも。
雪深い山での保存食として開発されたチーズ。
加熱し、さらに圧縮しているため水分が極限まで減られ、ゆっくりと熟成、うまみもぎっしり詰まっています。
長く保存も可能。

チーズ・ワンポイント  シェーヴル

ヤギのミルクで作るチーズの総称。
さっぱりとしていて酸味が感じられます。牛乳のチーズよりはぱさぱさとした食感。
本来の旬は3〜11月。一番おいしい時期に召し上がれ。

チーズ・ワンポイント  ブルビ

こちらは羊のミルクで作ったチーズの総称。
濃厚でまったりとした口当たりが特徴。羊のチーズはマイルドで優しい味わいが楽しめます。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。
公式プライバシーポリシー