ちーず・cheese・チーズ! | チーズフォンデュを本格的に楽しみたい!

お家で本格的なチーズフォンデュを楽しむ

チーズフォンデュはチーズを鍋でとろとろに溶かし、 そこにパンや温野菜をつけて食べるお料理。 日本でも徐々にメジャーになってきました。 お鍋のように皆でつつけるお料理だからでしょうか?寒い冬にはもってこい。 友達が集まった時、家族が揃った時にパーティ感覚でいただけるのも嬉しいところ。

チーズフォンデュを楽しむ人も増えてきたため、チーズフォンデュ用のアイテムも お店に沢山並ぶようになりました。最近では、手軽に楽しめるチーズフォンデュ用のチーズセットも販売されていて、 誰でも気軽にチーズフォンデュを楽しめるようになっています。

さてさて、それでも何度もチーズフォンデュの【もと】を使ってチーズフォンデュを楽しんでいくうち・・・ だんだんと「本格的にチーズフォンデュを楽しみたい!」と感じるようになってはきませんか? 例えば自分の気に入ったチーズ・好みの味付けで、人とは違うチーズフォンデュを楽しみたい!ふるまいたい!!
・・・ここでは、家庭で気軽に楽しめる本格的な、ワンステップアップのチーズフォンデュのレシピをご紹介します。 これで貴方のチーズフォンデュは、格段に本格的になる・・・はず!?

チーズフォンデュ用のチーズを選ぶ

まずは材料となるチーズの選び方から。
ここから始めると、「今日は○○のチーズを使ったフォンデュだよ!」という感じで、 本格的な香りがぷんぷんするお料理になります。

ワンポイント

フォンデュ用のチーズは、スイスのエメンタールとグリュイエール。
どちらも比較的手に入りやすくなっています。
分量は色々とトライして、是非お好みの分量を見つけてください。
勿論、他のチーズでも出来ます。
新しい貴方のスペシャルフォンデュを探してみるのも楽しいと思います。
その際、チーズを選ぶ目安は「セミハードタイプのチーズ」を探してトライすること。 ほとんどのセミハードタイプは、フォンデュにしてもおいしくいただけます。 古くなってちょっと固くなったセミハードを美味しく食べる良い方法でもあります。

本格フォンデュのレシピ

ここでは、キホンのレシピをご紹介します。

チーズ・ワンポイント  チーズを溶かす

オーソドックスなフォンデュでは白ワインでチーズを溶かします。
お酒が苦手な方、お子さんと召し上がる場合には、 先に白ワインを鍋に入れ、煮立たせてアルコール分を飛ばします。 そこへチーズをすりおろしながら加えると、アルコールを気にせず楽しめます。

我が家ではその他、豆乳や牛乳で溶かしていただくことも。 香りは劣りますが、口当たりのなめらかな、優しいお味のフォンデュに仕上がりますよ。 焦げ付きには十分注意してください。

ワイン・ワンポイント  分離を防ぐ

フォンデュ用に調整していないチーズでは、分離が激しく起こってしまう場合も。 分離を防ぐためには、ひとさじのコーンスターチか片栗粉を、 チーズにまぶしておくのがコツ。これだけでフォンデュ作りで起こる失敗を防げます。

ワンポイント

これだけでオリジナルレシピのチーズフォンデュは完成! あとは温野菜やパンをたっぷり準備して召し上がれ。
野菜は定番のじゃがいも・ブロッコリー・ニンジンの他、セロリやキャベツなども相性抜群。 ごぼうやかぼちゃだっておいしくいただけます。是非色んなお野菜と楽しんでください♪

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。
公式プライバシーポリシー