ちーず・cheese・チーズ! | チーズをおいしく保存・保存★

チーズをおいしく保存・保存★

自宅でチーズを食べていると、どうしても食べきれず残ってしまうものが・・・
チーズが保存食、発酵食品だからと言って安易に保存してしまうと・・・ 風味を損ねたり、お腹を壊してしまいますよ!!
チーズをおいしく保存する方法、ご紹介します。

チーズ保存のキホン

チーズは基本的に、ラップに包んで冷蔵庫で保存、でOK。
ラップに包む時には空気が入らないようにぴったりと包んでしまうのがコツ。 空気が入ると・・・カビなどの原因になってしまいます。
あと、もう1つ注意することは・・・
なるべく素手でチーズに触らないこと。
手についていた雑菌がチーズに移り、その良質な栄養の元、繁殖してしまいます。
理想は素手ではチーズに触れない。手袋をしたり、ラップの上から触れるようにしましょう。

ワンポイント

ぴったりとラップに包んだら、それをタッパーに入れておくと、なお良し。
タッパーの中にレタスやキャベツなど野菜を敷いておくと、乾燥を防ぐ役目をします。

木箱などに入っていたチーズも同じく。
ラップをして木箱に戻すか、チーズにラップをかぶせてから蓋をすればOK。

ただし、青カビチーズだけは、ラップで包んでから、さらにアルミホイルでくるむと良いでしょう。

ワンポイント

チーズには賞味期限が記載されています。
ただし、それは開封して手をつけていない状態のチーズの場合。 一度開封したチーズはなるべく早く消費してしまうのが好ましいです。
ただし、賞味期限が過ぎたからと言って一切食べられない訳ではありません。 勿体ないですもの・・・何とか食べてあげたいものです。
そんな時は、火を通して食べると良いです。 カビが生えてしまったチーズは、小さいうちはそのカビを切り取って食べれば大丈夫。

ただ、劣化が始まったチーズは食べた時にピリッと強い刺激があったり、 苦味が強くなったり、アンモニア臭が出てきてしまうことも。
アンモニア臭は特に、白カビのチーズの場合に顕著に現れます。
これらをお料理に使うと・・・アンモニア臭が隠しきれず、 お料理全体がアンモニア臭くなってしまうので・・・要注意。

ワンポイント

チーズは冷蔵庫の中でも・・・野菜室に保存するのがベター。
お野菜と一緒に保存すると、ほどよい湿気が保たれ、チーズのベスト状態が維持できます。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。
公式プライバシーポリシー