ちーず・cheese・チーズ! | おいしいチーズの選び方、食べごろ

おいしいチーズの選び方、食べごろ

チーズは様々な種類があり、味も千差万別。
好みの味のチーズを探す楽しみもあります。
でも、やっぱりそんなチーズの中でも、とりわけおいしいものを選びたい!
そして、そのチーズが一番おいしい時期に食べたい!!
と思うことは・・・決して悪いことじゃあありません。
むしろ、作り手にとっても嬉しい話。
だって、おいしい時期を過ぎたチーズを食べて「おいしくない!」って言われたら・・・ なんだかチーズを正しく評価されてない気がしますもの。

ここでは、タイプ別に美味しいチーズの選び方・食べごろをご紹介。

チーズの食べごろ・良い状態のチーズの選び方

チーズ・ワンポイント  【フレッシュタイプ】

ご承知の通り、フレッシュタイプのチーズはヨーグルトと同じ。
日持ちもあまりしませんから、新鮮で風味が損なわれないうちに食べたいもの。 賞味期限とは別に、開封したら1週間以内に食べるようにしましょう。
フレッシュタイプのチーズに後から青カビができても・・・それは食べられるカビではありませんよ、要注意。

ワンポイント

チーズ・ワンポイント  【白かびタイプ】

張りのあるものが良い白カビチーズ。加えて全体がふっくらしていれば最高です。
缶に入っているものは、開けてすぐが食べごろ。それ以外のものは押してみて、弾力があれば食べごろです。
アンモニア臭がするようなものは・・・熟しすぎでしょう。残念ですが・・ お料理などに入れてもアンモニア臭は隠しきれません。

ワンポイント

チーズ・ワンポイント  【青かびタイプ】

良いブルーチーズは、青カビとチーズの部分がはっきり分かれているもの。
青と白の色あいが対照的なほど、良いブルーチーズと言われています。 断面もクリーミーなものが良質。
また、青カビは偏りなく、全体に均一に入っているものが良しとされています。

ワンポイント

チーズ・ワンポイント  【ウォッシュタイプ】

中央がへこんでいるもの・シワがあるもの・ひび割れがあるもの・ふちが固くなっているものは良くありません。見た目がふっくらと美しいものを選びましょう。

ワンポイント

チーズ・ワンポイント  【シェーブルタイプ】

切り口の色が白いものが状態がいいとされています。
乾燥しやすいチーズですので、保存にも注意が必要です。 熟成が進むにつれて、身はしまって風味も強まっていきます。

ワンポイント

チーズ・ワンポイント  【セミハードタイプ】

切り口はつやつやとしていて、しっとりとしているのが状態の良いもの。 白く濁っていたり、切り口に変なかびが入っているものは避けるようにしましょう。

ワンポイント

チーズ・ワンポイント  【ハードタイプ】

ひび割れ・カビのないものを選びましょう。
チーズの断面は明るい色であることが良質の証。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。
公式プライバシーポリシー