ちーず・cheese・チーズ! | チーズは「体に悪い食べ物」ではない!!

チーズは「体に悪い食べ物」ではない!!

我が家では、美味しくて高級そうな味のことを「悪そうな味だね」と表現します。
悪い意味じゃないのです。とってもおいしい、って意味なんですが・・・
悪そうとは、「体に悪そう」という意味。
実際おいしいものって、体に悪いものが多くないですか!?
フォアグラ、肝臓のムース、パテ、白子、あんきも、鳥肝・・・ 大人になってから「美味しい!!」と感じるものは、高カロリー、高たんぱく・・・
「ぜいたく病」と言われる痛風を引き起こす、何とも「悪い食品」たちとは思いませんか・・・?

私はとにかくこういう、こってり、濃厚なものが好き。
体には悪そうだけど・・・だけど、おいしいと感じてしまう。食べたくなる。 なので、美味しいけれど体に悪そうな濃厚な味のものを「悪い味」と表現するんです。
まぁ、私に比べてうちの旦那様は、野菜が好き、味も薄味が好き、なのですが・・・

ワンポイント

そして私はチーズも大好き。
それも出来れば、チーズそのままを食べたい。
何かにつけて食べる・・・とかでなく、そのままチーズのみでいただきたい。
これじゃあ体に悪そう・・・なんて思ってたんですが。

チーズはなんと!体に悪い食品ではないらしい!!
むしろ体にとって良い食品なんだとか。
これはこれは・・・チーズに含まれる栄養を知って、もっとチーズを安心して楽しまねば!!!

チーズに含まれる栄養素

チーズには、他ではなかなか摂りにくい栄養素も豊富なんだとか。 特に日本人は栄養素の偏った食事をしがちだそう。 チーズで栄養素の偏りをなくそう!!

ワンポイント

チーズ・ワンポイント  【カルシウム】

元の原料がミルクなチーズ。
そして純粋にミルク分がほとんどなので、そりゃ栄養素が少ないわけないですよね。
特にカルシウム。
カルシウムをとるなら、チーズが一番よい食品とか。
特に日本人はカルシウムが不足している人が多く、サプリメントでも必須サプリとして挙げられる程。
そんな栄養素が食品から摂れるなら・・・有難い限りです。
チーズなど乳製品のカルシウムはたんぱく質と結びつき、消化も良いため吸収率が魚などに比べて2倍も高く、効率的にカルシウムが接取可能。
出産期の女性や育ちざかりの子供にチーズを!

ワンポイント

チーズ・ワンポイント  【良質たんぱく質】

最近よく「良質なたんぱく質を摂ろう」というフレーズを聞きます。
この良質なたんぱく質とはどういうものか?というと、たんぱく質を構成しているアミノ酸が、 バランス良く含まれているかどうか。
チーズはその点優等生。
加えて、製造の過程で発酵を経ているため、チーズのたんぱく質はアミノ酸に細かく分解され、 消化されやすくなっています。

ワンポイント

チーズ・ワンポイント  【アミノ酸】

良質なたんぱく質で取り上げたように、チーズのたんぱく質はアミノ酸をバランスよく含んでいます。このアミノ酸、アルコール分解の手助けをしたり、肝臓を元気にしてくれたりもします。
つまり・・・「お酒との相性が抜群」ということ。
今夜からはおつまみにチーズ・・・いかがですか。

ワンポイント

チーズ・ワンポイント  【ビタミンA】

実はビタミンAだって含まれてるんです!!
ビタミンAというと、緑黄色野菜をたくさん摂取しないと摂れないイメージがないですか? なんでビタミンAがチーズに??というと、ミルクをつくってくれる牛さんが、草食動物だから。 チーズを作る動物たちが食べる牧草にビタミンAが含まれていて、それがそのままミルクに、 チーズにと・・・受け継がれているのです。
つまりは美肌効果や美容効果も期待できるということ。
最近ではがん予防効果も注目されていますし、風邪への抵抗力もつけてくれます。

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。
公式プライバシーポリシー