ちーず・cheese・チーズ! | 悪酔いを避ける!チーズの食べ方

悪酔いを避ける!チーズの食べ方

私はお酒が強い方ではありません。
飲むと言っても、軽めのカクテルのようなお酒を、外なら2〜3杯が限度。
家だともっと少量でぐでんぐでんに。どうして家だと酔いが早いんでしょうねぇ(笑)

そしてお酒の弱い私が過剰にアルコールを摂取してしまうと・・・吐いてしまうんです。
汚い話でほんとすみません・・・
どんなに楽しい酒の席でもおいしい食事の途中でも、自分の体で受けつけられないアルコール量が入ってしまうと・・・

すぐに吐いてしまいます。
はっきり言って、これ、全然楽しくありません。
だって、吐くのだってすごく疲れるししんどいし、何より周囲にとっても気を使われる・・・
なので、特に外で飲む場合にはアルコールの摂取量には気を配っています。

ワンポイント

それでも・・・
体調の悪い時や、お腹が空いて喉が渇いてる時に一気にアルコールを摂取してしまうと、 たったグラス半分でも気分が悪くなったり。
先日はちょうど義母のお宅にお呼ばれしての食事会でやってしまい、 自分でもほんとものすっごく気を使って疲れてしまいました。
こういうこと、みなさんはありませんか?

ワンポイント

私の旦那様は、お酒を飲んでもあんまり変化がなく、ほんとに何時まででも飲んでいられます。
ウラヤマシイな・・・と思う反面、翌日は大変そう。起き上がるのもつらそうないわゆる「二日酔い」ですね。
私は二日酔いになるほどアルコールを摂取できないので(多量摂取した分は吐いちゃうもん)二日酔いは経験したことがありません。

ワンポイント

最近ではようやく大人になった・・・というか、自分の体との付き合い方がわかってきた私。 悪酔いを避けるアルコールの摂取ができるようになりました。
・お腹が減っている時にアルコールは避ける
・喉が渇いていたら、まずノンアルコール飲料で喉をうるおす
これだけで、悪酔いは避けられます。
加えて・・・

チーズ・ワンポイント  チーズを食べてからアルコールを体に入れる

これもすごく効果的。
おつまみって、ちゃんと理にかなってるんだなぁ!と実感します。
チーズは胃で脂肪の膜を作ってくれ、胃壁を保護してくれるんです。 飲み過ぎ・食べ過ぎで胃が痛くなる・・・ということも軽減してくれる、有難いチーズ。
最近ではお酒の席についたら、ドリンクを合わせておつまみにチーズはないかな?とすぐに探します。 メニューになくてもお願いすれば準備してくれるお店が多いのも、有難いところ。
次回の飲み会で、ドリンクのオーダーをあわせて、チーズの注文、いかがですか?

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー
本サイトでは、Google Adsense社の広告を配信しています。
このため、広告配信プロセスの中でデータを収集するために、Cookieやウェブビーコンを使用しています。
もし、第三者にデータ送信を行いたくない場合は、ブラウザのCookie機能をオフにしてアクセスしてください。
詳しくは、Adsense広告の公式プライバシーポリシーをご覧ください。
公式プライバシーポリシー